語学留学のホームステイ先でトラブルが起きないようにするには

より大学生活を充実したものにしたい。そんな気持ちでアルバイトを頑張り語学留学の費用を貯めたとします。
もちろん、留学をする事に多少の不安があっても、楽しみや期待感の方が大きいですよね。

語学学校に通って語学留学の情報交換をしておこう

留学の1番の目的は語学学校に通う事です。

ここで生きた英語を学ぶ事ができるんだと、期待して授業に参加したら、早い口調で全く理解できないかもしれません。
そして理解できていないのが、自分だけで質問をしづらい雰囲気だとしましょう。

ここで、間違えるのが恥ずかしい、自分だけ理解できてない事を知られたくないと分からないまま放置してはいけません。
語学が話せるように勉強しにきたわけです。
最初からスムーズに授業に参加できるレベルの英語力があれば、留学なんて必要ありませんよね。

ゆっくり話してもらうようにお願いしたり、間違ってもいいのでどんどん発言していく勇気が必要です。
ただし、日本人は中学、高校と学校で英語の授業を受けているので、文法については理解しています。

そのため、クラス分けテストでいい成績を取り、レベルが高すぎるクラスになってしまいがちです。

ですが、英会話の実力よりもレベルが高すぎる場合は、無理せずに自分のレベルに合わせたクラスに変更してもらいましょう。
分かるように頑張る事も重要ですが、あまりにレベルが違い過ぎると、追いつけないまま、取り残されてしまう可能性があります。

語学留学滞在のホームステイの食事について

語学留学で滞在中は、ホームステイをする事になったという人も多いと思います。
そしてホームステイで1番トラブルになりやすい事が実は食事についてです。

食生活の違いもありますが、覚えていて欲しいのは、基本的に海外では日本と比べて食事が質素だという事です。
朝はシリアルだけ、夕食はマッシュポテトとソーセージだけのワンプレーとという食事も珍しくありません。

またホームステイだから、料理上手な奥さんが美味しい家庭料理を披露してくれると期待してはいけません。
毎日パスタが続いたり、冷凍食品ばかりというケースもあります。

これは、別に意地悪でそうされている訳ではなく、その家庭では当たり前の食卓風景なわけです。
国によっては、飲食店でさえ、料理が不味いという場合もあるので、あまり食事には期待しない方がいいかもしれません。